日常

事務バイトについてちょいと書いてみる

みなさんこんにちは、ノミです。

 

11月も半ばになるというのに、日中はあったかい日がちらほら。

 

夜中布団が暑くて起きてしまうこともありました。

 

ノミ
冬はどこにいったんじゃあああ
ペタちゃん
でも、夜はけっこう寒いのよね

 

バイトの日は基本朝に出勤、夜に帰宅なので、気温のジェットコースターに悩んでいます。

 

さてさて、今回は事務バイトについてちょいと書いてみます。

 

前前前回に清掃バイトについて書いたのですが(前前前世みたいに言ってみる)、実はそれとは別に事務のバイトをやっているのです。清掃について書いたなら事務も…と思ったものの、事務の仕事内容って場所によってけっこう差がありますよね。

 

清掃バイトについてちょいと書いてみる

続きを見る

 

ノミ
私が働いているところは、データの入力、書類の作成を中心にやってます。あとは事務所の清掃、他の建物へ必要書類を取りにいく(おつかい?)などなど
ぬますけ
社員さんとの電話やり取りはありますが、お客さんとの電話対応はないですな

 

だいたいはパソコンに向かってExcelと格闘しています。

 

事務のバイトしてみて思ったのが、学生時代「この機能どこに使うねんww」と思っていた機能が実はめちゃんこ便利だっていうこと

 

特にデータの抽出が役立ってます。大量のデータを整理する際や、条件に照らし合わせて絞りたいときに便利なのです。

 

仕事しながら「Excel 抽出」「Excel 自動でナンバリング」とか調べてます。

 

ぬますけ
実務って大事だなって思ったよ…なんか大人になってから「これはここに役立つのか!」って気づくこと多いもの

 

新しい発見があるというのはいいのですが…

 

集中力通り越して「無」になってくる

 

数値を入力する際、最終的な結果に矛盾が生じていないか確認するのですが、気を付けてても合わなかったりするんですよね…。数値とにらめっこしてると、だんだん数値に飲み込まれそうになります。

 

ノミ
あああああ!!!ってなってる

 

最終確認で問題ないと分かると、達成感というより安堵感がすごいです。張りつめてた神経がぶわわってほどけていく感じ。

 

たいてい清掃バイトしてから事務に向かうので、肉体と精神、どっちも鍛えられてる気がします。

 

もちろん疲れは出ますが、そういう時は「将来のためのお金を貯められるんじゃ!!」と考え方をちょっと変えるなどしてます。

 

 

そういえば、バイト再開してしんどいときに読んで、背中を押してもらった漫画があります。

 

松田奈緒子先生による作品「重版出来(じゅうはんしゅったい)」。今までこれ、読み方「じゅうばんでき」だと思ってたんですよね(汗)

 

 

舞台は出版社。出版業界に携わる者たちの葛藤や熱意が描かれています。

 

こちらの漫画に関しては、別個に記事を設けたいレベルに大好きなので、いったんここらで留めておきます。主人公の心ちゃんが好きだ‥‥!!

 

 

なんだか脱線してしまいましたが、今日はこのへんで!!

 

それでは、また!!!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2021 ぬまのみ Powered by AFFINGER5