うつ病経験談

うつ病大学生・ノミの経験談⑥【友達と疎遠になる】

みなさんこんにちは(おはようでもこんばんはでもいいよ)、ノミです。

うつ病だと分かったときに友人に伝えましたか?

 

今回はうつ病大学生・ノミの経験談⑥を書きます。

 

内容は、

友達と疎遠になる

です。

 

 

ノミ
ノミ
うつ病経験談⑤はここから読めます!
うつ病大学生・ノミの経験談⑤【好きだったものを楽しめなくなる、活字が読めなくなる】

続きを見る

 

気分変調性障害、うつ病だと分かってから友達と関わることが少なくなった

 

もともと友達は多くないのですが、時々飲みに行っていた友達や、中学の幼馴染とはめっきり会わなくなりました。(連絡も取らず)

理由としては次の3つ。

 

約束をしてもその日に気分がどうなってしまうか分からないため

「うつ病」「気分変調性障害」だと言って相手がどう反応するか怖かったから

学生時代からあまりにも作ったキャラできてしまったため、久しぶりに会ってもうまく話せないから

 

ノミ
ノミ
順番に説明していくぞい!!

 

約束をしてもその日に気分がどうなってしまうか分からないため

 

気分の落ち込みに波があるため、「今日はだめだ」となんとなく感覚でわかります。

とはいっても、何日も前に予想できないので、友達と約束するのが難しいです

 

その日に「行けなくなった」と言うのは申し訳ないですし、予約が必要なものだとなおさら大変です。

に迷惑をかける可能性を考えると、友達と遊びの約束をするのはリスクが高い…。

 

相手が「いいよ」と言ってくれたとしても、心中では面倒に感じるかもしれない。

また誘ってもだめだったら・・・?遠くからわざわざ来てくれるんだとしたら…?

 

束を破りかねない恐怖から、友達と会うことはぐんと減りました

 

「うつ病」「気分変調性障害」だと言って相手がどう反応するか怖かったから

 

同じ症状の方と話す機会があり、その際に

「離れていった友人もいるけど、新しい出会いもあったよ」

と聞きました。

 

でも私は後者のメリットよりも、前者のデメリットに怖さを覚えてしまいました。

私は中・高・大においてひたすら「いじられキャラ」でいるように振る舞っていたので、なおさら「精神的な病になっている」と言えなかったです。

また、高校(もしくは中学かも)から気分変調性障害の可能性があるとの話だったので、嘘の自分でいたように捉えられてしまうのが怖いです。

 

明らかに今の方が口数も少ないし、いじられ耐性が落ちてきているので、会って「つまんね」と思われるのではとびびっています。

 

また「うつ病」に対するイメージは人それぞれなので、「あの子精神的におかしくなっちゃったみたいだよ」とか言われてたらと思うときつくて会えません。

大学と違って、中学や高校はひとの情報が広まりやすいと思うのでとても不安に思ってしまいます。

 

学生時代からあまりにも作ったキャラできてしまったため、久しぶりに会ってもうまく話せないから

 

先程もちょろっと書きましたが、私は「いじられキャラ」になることを徹底してきました。

というのも、複数人で話したり、ひとの噂についていったり、同時にいろいろなことを理解していくことが難しく、仲間外れにされると強く感じてきたからです

型や顔にもコンプレックスがあったので、「相手に指摘される前に自分のコンプレックスやネタを言って笑われる存在」になろうと生きてきました

 

実際、男女にかかわらず誰とでも話せる人間だったと思います。

 

ただ、そういう振る舞いの根本には劣等感や絶望感が根を張っていて、それらは「気分変調性障害」に大きく関わってくるものでもあったんです

大学生になって、その正体が「病気によるもの」だと変わって、なるべく自分を出していこうと思っている最中です。

 

でも、前の自分はどう接していたか、とかちこちになってしまい、目線が泳いでしまったりぎちぎちに口角が上がったりしてしまいます

「前と違う」「つまらん」と思われるのが怖いです。

 

「いじられキャラ」は笑ってもらえたけど、本当の自分はとんでもなくつまらないので・・・。

 

現状どうしているのか

 

私は、現在は半年に1回くらいのペースで友達と会っています

連絡を取り合ったり遊んだりしているのは、高校の友達2人と、大学の友達1人です。

 

の3人には病気のことを話しました

高校の友達には自分から話そうと思ったというよりは、出先で泣きまくってしまい真実を吐露したと言った具合です。

 

達以外に(病気だと分かったうえで)同居人や妹と普通に接しています

 

ただ、診断後から3か月くらいは外に出るのもきつかったので、もはや誰とも会っていませんでした…。

 

病気のことを言っておくと楽です

 

友達とはだいぶ疎遠になったかなという印象です

(もともとが少なかったというのもあるのですが)

 

大学に関してはサークルや授業での疲弊が大きく、もはや思い出すだけでしんどかった…。

バイトも同様です。

 

ただ、理解とまではいかなくても知っている相手がいると少し元気は出ます

らかじめ「約束しても行けるか分からない」ということを伝えておくといいと思います

 

こんなおいらと遊んでくれて本当にありがとうヽ(^o^)丿

 

まとめ

 

今回はうつ病経験談⑥友達と疎遠になる」について書きました。

うつ病になってから「新しい出会いがあった」とか「分かってくれる人と繋がれて嬉しい」ということは克服記でもちょこちょこ見かけるんですが、それとは逆に「もともとあった関係性が壊れてしまう」のも怖いよなあと感じて今回のテーマにしてみました。

 

悲しい朝や、苦しい夜が少しでも減りますように。

 

それでは、また!

 

ノミ
続きのうつ病経験談⑦はここから読めますぞ
うつ病大学生・ノミの経験談⑦ 【涙が出てくる、涙が止まらない】

続きを見る

 

〇うつ病経験談一覧はここから見られますヽ(^o^)丿

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2021 のみそく Powered by AFFINGER5