食べもの

【セブンイレブン】宇治抹茶ばばろあを食べたらおいしかった話【三位一体とはこのことぞ】

みなさんこんにちは、ノミです。

 

今回はセブンイレブンの新商品宇治抹茶ばばろあを食べてみたレポを書きます。

抹茶好きの私は思うのです・・・

 

ノミ
セブンの商品開発さんに抹茶推しいるやろ

 

というのも、ハロウィンの時期前に抹茶の波がきて、落ち着いたかなと思ったらまたいろいろ出てくるから・・・(ありがとうございます歓喜)

ちょっと焦らすところもいいね、ってことで、

 

ノミ
れっつら宇治抹茶ばばろあ!!!!

 

セブンの『宇治抹茶ばばろあ』とは?

11月24日(火)からセブンイレブンさんで発売されている『伊藤久右衛門監修 宇治抹茶ばばろあ』。

お値段は税込324円

 

京都・宇治にあるお茶屋さん・伊藤久右衛門が監修している抹茶スイーツで、これ以外に

 

宇治抹茶クレープ

宇治抹茶小餅

 

がセブンイレブンで販売されています。

 

洋風スイーツのとのコラボ「宇治抹茶クレープ」

ザ・和風で「宇治抹茶小餅」

ババロアを「ばばろあ」と書いて洋風なんだか和風なんだか不思議な気持ちにさせる「宇治抹茶ばばろあ」

 

いろいろな形で抹茶を楽しめる商品たちになっていて素敵です。ありがとう(誰や)

 

宇治抹茶ばばろあの構造を見てみよう

横から見てみるとこんな感じ。

上段は甘さ控えめの生クリーム、そしてやさしくほっくりした粒あん

下段には身をひそめる宇治抹茶ばばろあが。

上から見てみるとこんなかんじ。

前回「とろける宇治抹茶ミルクプリン」を紹介したのですが、セブンイレブンさんは主役を隠して「あとからどーん!!」と登場させるのが好きなのかもしれません。

 

【セブンイレブン】とろける宇治抹茶ミルクプリンを食べてみた【リピートしてます】

続きを見る

 

生クリームのこの何回か巻かれているビジュアルがたまらないです。

 

実際に食べてみた感想

いざ実食。

私は食べる前、「生クリームとあんこは宇治抹茶ばばろあのひきたて役」だと思っていたのですが、それは半分正解で半分間違いでした。

 

というのも全部(生クリーム、あんこ、宇治抹茶ばばろあ)が合わさって、ひとつの味になっていると感じたからです。

もちろん、単体で食べてもおいしいので、まずは個々の感想を。

 

宇治抹茶ばばろあ→抹茶の苦みが強めだが、同時に風味のよさも楽しめる。単体だと全部食べるのに飽きるかもしれない。

生クリーム→甘さ控えめだが宇治抹茶ばばろあと食べると、苦みを優しく包み込んでくれよき塩梅になる。

あんこ→ほっくりした粒あん。優しい甘さでぱくぱく食べられる。

 

宇治抹茶ばばろあの苦みを生クリームのミルキーさと上品ながらも優しいあんこの甘さが包んで、頂点のスイーツへと変化してゆく…。

 

ノミ
たぶん、ばばろあだけではこうはならなかったと思うのだ
ペタちゃん
三位一体のおいしさというやつだね!!!

 

宇治抹茶ばばろあを甘くすればよかったのでは・・・?という考えもありますが、

あえて甘くしすぎないことで抹茶本来の苦みを出して、あんこと生クリームとともにセブンイレブンにやってきたんだな…と思います。

 

リピートしたいですが、他の2種よりもお高めなのでたまに買おう・・・。

 

まとめ

 

今回はセブンイレブンの『宇治抹茶ばばろあ』を紹介しました。

三位一体のおいしさを感じられ、もちろん宇治抹茶感も楽しめるスイーツです!

 

抹茶好きさんも、甘すぎるのが苦手…って方もぜひお手に取ってみてください。

 

それでは、また。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2021 のみそく Powered by AFFINGER5