漫画・アニメ

【アニメ】あきらの意外な特技!『恋は雨上がりのように』の感想【2話】

みなさんこんにちは、ノミです。

 

最近雨の日が多いですね。

傘を持たずに出かけたら、帰り際ザーザー降りなんてこともあります。

折り畳み傘を常備しておくといいですね。

 

さてさて今回は前回に引き続き、アニメ『恋は雨上がりのように』の第2話あらすじ+感想をまとめていきます!

 

1話については下の記事をご覧ください。

【アニメ】梅雨の時期におすすめ『恋は雨上がりのように』の感想【1話】

続きを見る

 

アニメ『恋は雨上がりのように』2話「青葉雨」のあらすじ

 

あきらのバイト先「ガーデン」に新しいバイトが入ってきます。

 

彼はあきらに想いを寄せる同級生・吉澤タカシです。

めためたに元気な好青年ですが、あきらの眼中には店長しかいないようです…。

 

ある日のシフトであきらは、忘れ物のスマホを見つけます。

店長が客を追いかけるものの、気づけばだいぶ先まで行っていました。

その様子を見たあきらは店長からスマホを取り、走り出します。

 

ノミ
ノミ
いやいや追いつかんよ…相手は自転車乗ってるんやで…と思ったら、あきらめっちゃ足速いぞ!!

実はあきらは、バイトをする前まで陸上部に所属していたのです。

足の速さから、部内でも一目置かれる存在でした。

 

ただ、足を怪我してしまったため今は部活をやめています

スマホを客に届けた後、傷が痛み、あきらは座り込んでしまいました

 

あきらを心配した店長は車で病院まで送ります。

家に帰ったあきらは、足を痛めた際に店長が支えてくれたことを思い出しドキドキ

 

ノミ
ノミ
そこでさらに店長からの電話!心配でかけてきたようだ!なんとも自然に店長の連絡先を知ることができたあきらだったんだぜ!

当分バイトを休むことになったあきらは、やることもなく外にでます。

そこで偶然店長を見つけ、2人はファミレスへ

 

足の心配をした店長は、あきらのピンクのペディキュアを見て、血豆と勘違いします

 

ノミ
ノミ
あきらのおしゃれや―――!!
店長気づいてそこんところ―――!!

それを聞いたあきらは思わず笑ってしまいました

 

2話の最後、あきらは「店長のことが好きです」と伝えます。

 

でも、店長の反応はこう・・・「嫌われていると思っていた子に実は嫌われてなかった・・・よかったー!」みたいなものでした。

人として好きって話じゃなく、恋愛的な好きだったのに…

 

店長鈍感やないか!とツッコミをいれつつ終了します。

 

 

アニメ『恋は雨上がりのように』2話おすすめポイント

 

あきらが店長に想いを告げたので、一歩前進…なのかな?

反応は思っていたものとは違ったけれど、よく頑張った!あきら!

 

次に、アニメ『恋は雨上がりのように2話のおすすめポイントをご紹介します。

アニメを観る際に注目してみてください!

 

おすすめポイント3選

 

あきらの無邪気な笑顔

店長と2人でファミレスに入るあきら。

足の怪我を心配していた店長は、あきらのペディキュアを血豆だと勘違いします。

あきらはそれがおかしくて笑うんですが、ここのシーンが本当に好きです。

 

今まで、全く笑わない子、というわけではなかったあきら。

でも、クールビューティーゆえか、笑い方も控えめだったんですね。

店長に対しても、本当は好きなんだけど睨んでしまったり…。

 

ノミ
ノミ
このギャップがたまらんのよ

 

でもこのシーンで、あきらは思いっきり笑います

自分の語彙力で表現できないのがもどかしいです。

あきらの女子高生らしい明るさが初めて出てくるシーンなので必見ですよ!

 

店長の鈍感さに可愛さを覚えてしまう

 

あきらの想いに気づかない店長に「おい!」と言ってしまうんですが…でも、でも…

 

ノミ
ノミ
そんな店長も愛しいぞ!グッジョブ!

一筋縄でいかない店長、実は強キャラですな。

嫌われてなくて喜びまくってしまう店長は、さらにオーダーをとろうとします。

45歳のおじさんだけどかわいいな…と思ってしまいました。

このアニメを観終わった頃に、私はおじさん好きになっているんではないか…。

 

まとめ

 

今回はアニメ『恋は雨上がりのように第2話あらすじ+感想をご紹介しました。

話が進むごとに、あきらと店長のキャラがさらに濃くなっていくので楽しいです。

 

今度こそあきらの想いは伝わるのか!?

次回は3話について紹介していきます!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2021 のみそく Powered by AFFINGER5