おえかき ブログ 豆知識

ブログのアイキャッチ画像を振り返る【作成時間や使用アプリも紹介】

みなさんこんにちは、ノミです。

 

今回は過去記事のアイキャッチ画像を振り返っていきたいと思います。

そして、いつもどのように作成しているか(アプリ、ピクセルの設定、作成時間など)もあわせてご紹介していきます!

 

ノミ
ブログ立ち上げた当初は「アイキャッチってなんなん?」状態だったんだよね
そーちゃん
ノミの成長を温かく見守ってくれると嬉しいな
ノミ
そーちゃんそれ私のセリフ!!(汗)

 

アイキャッチ画像とは?

 

ブログの記事冒頭または、記事一覧ページにある画像を指します

YouTubeだと『サムネ』と呼んだりもしますね。

今回の記事のアイキャッチ画像は一番最初に位置しているこちらの画像を指します。

 

いつもどのように作成しているのか?

 

アイキャッチの作り方はひとによってそれぞれで、フリー素材の写真を載せたり、文字を加えたり、自分で描いたりなどいろいろなパターンがあります。

私は基本的に、写真がある場合は「写真+自作イラスト」、ない場合は「自作イラスト」で作成しています

 

アイキャッチ画像の設定は?

 

横1200×縦630ピクセルの設定で作成しています。

この設定だと、TwitterでブログのURLを貼った際に画像が全部(わりかし綺麗に)見えるようになるのです

ただ、当ブログを見ると分かるのですが、ブログ一覧を見ると全部見えなくなっているんですよね…。

おいおい調節します(汗)

 

アイキャッチを作る上で使っているアプリ

ibisPaint(アイビスペイント)→イラスト

Snapseed→画像の光の調節など

 

この2つのアプリを使っています。

私のスマホで写真を撮るとどうしても画面が暗くなってしまうので、Snapseedで光の調節や加工をしています

他にも画像加工のアプリはたくさんあるので、お気に入りのものを探してみましょう!

 

イラストに関しては、ibisPaint(アイビスペイント)を使っています

無料でインストールでき、使える筆も豊富にあります

スマートフォンでイラストを描くことが可能でとても重宝しているので、おすすめ

 

イラストと写真を組み合わせることができるので、アイキャッチ画像を作るのに便利です。

 

ただ、スマホだと画面がせまく描きづらいこと、そして指で描くのに慣れないといけないという欠点があります

そのため私は100均に売っているタッチペンを使って絵を描いています。詳しくはこちらの記事で。

【おえかき】100均のスタイラスペンがかなり優秀な件【キャン★ドゥのディスクタイプタッチペン】

続きを見る

 

作成にかかる時間

 

だいたい30分~1時間かかります。

写真がある場合はイラストの面積が少なくなるので、少し短くなりますね。

ブログ内の画像も作っていくことを考えると、あまり時間をかけられないのですがアイキャッチ画像は、読む上で興味を持ってもらえる要素なので妥協はしたくないです

だからといって丁寧に描くわけではなく、インパクトのある配色にしたり、主要キャラが早く描けるように練習したり、できるだけ短い時間でできる工夫をしていくのが大切だと思います

 

過去のアイキャッチ画像を振り返る

 

全部載せると画像ばかりになってしまうので、だいたいひと月に2枚をピックアップしていきます。

 

1番最初の記事のアイキャッチ画像

ペタちゃん
ん?なんか今のアイキャッチ画像のサイズ感とちがうような・・・
ノミ
よく考えずに画像を作ってたのよ最初のころ・・・

この画像は300×209ピクセルで作成しました。今が1200×630ピクセルなので設定がだいぶ違いますね。

でも不器用ながらに作った記憶があるので思い入れは強いです。

 

ブログ1か月目(2020年6月ごろ)のアイキャッチ画像

これも現在と比較すると正方形になってますね。300×300ピクセルです。

アイコン感覚で描いてたな…。

 

 

で、急に現在の設定になると。

アイキャッチの画像を1200×630ピクセルに定めて1番最初のアイキャッチ。

紹介したいものがよく見えるようにを心掛けて作っていました。このミルクレープまた販売してほしいな。

 

 

ブログ2か月目(2020年7月ごろ)のアイキャッチ画像

四角の枠を作ってその中に写真を取り込むスタイルにハマってました(今もだけど)

シンプルだけど作成しやすい(かつ見やすい)のでおすすめです。

アイキャッチ画像を見ただけで明るい気持ちになってほしいので、イラストとあわせて吹き出しも多用しています

 

これ!という写真がない場合はどうしようか・・・と悩みました。

 

食べものとか、特定の商品であれば写真を埋め込むことができますが、茨城弁の記事はどうしようか・・・?と唸った記憶があります。

茨城はメロンが有名なのと、これを機に茨城県の形を覚えてもらえたらいいな(?)と思ってこんな画像になりました

色合いが気に入っています。

 

ブログ3か月目(2020年8月ごろ)のアイキャッチ画像

当ブログでは珍しいシンプルなデザイン。

これは、過去に行った水族館で撮ったクラゲの写真です。

うつ病経験談シリーズは一貫してこの画像を使っています。アイキャッチを見て「このシリーズか!」とわかるようにするため

あとは読んだひとがちょっとでも癒されたらいいなと思って使い続けているという理由もあります。

 

他のアイキャッチ画像でもよく心掛けていますが、補色をうまく使うようにしています

色相環で反対側に位置する色を補色といいます。下の画像が色相環。

かっちり反対の色だと激しすぎる画面になってしまうこともあるので、だいたい反対にある色から選び取ってみようという気楽さです。

上のアイキャッチだと、ペタちゃん(右側にいる女の子)の髪色がピンクなので、ワカモレを囲う枠は緑っぽいカラーを選択しました

 

ブログ4か月目(2020年9月ごろ)のアイキャッチ画像

画像を埋め込んでいくスタイル。

もともとあるフォントで字を打ちこむことが大半ですが、可愛さを求めて手書きにすることもあります

この色合いが気に入っています。

 

こちらも写真を埋め込むスタイル。

ホットケーキを綺麗に撮れたため、画面もだいぶ明るくなりました。

おいしそうな食べものの時は、あまり寒色系を使わないようにしています

青っぽいと食欲なくなるかなってなんとなく思ってて…。

 

ブログ5か月目(2020年10月ごろ)のアイキャッチ画像

 

たしかTwitterで流れてきた情報で、アイキャッチの背景をぼかす方法を見たのでやってみたやつ。

スイートポテトの画像を背景にし、アイビスペイントのぼかし機能でほどよくぼかしました

シンプルながらまとまりがいいので気に入っています。

 

四角の枠におさめるのではなく、今回はあえて画面を半分に切って大きく写真をいれました

YouTubeのサムネ画像にありそうな感じになりました・・・。手間が少ないものの、すっきりした見た目なのでおすすめの方法です。

 

2020年11月ごろのアイキャッチ画像

今までは商品を目立たせるようにしてきたのですが、「これうまい!」という反応が前面に出たアイキャッチも面白いなと思い作成しました

もう少しプリンをうまく見せられればよかったなと後悔。

でもぱっと見のインパクトはすごいので、こんなやり方もありなのかなと勉強になりました。

 

反省点や今後こうしていきたいという点

 

まずはスマホでの作成が細々しているので、タブレットか液タブへ移行したいなという切なる思いです

そして、パターン化してきているので他の魅せ方も勉強していきたいです

詳細は分からないのですが、色彩検定を受けたいなと思っています。

 

今はなんとなくの知識で作ってしまっているところがあるので、もっと幅を広げていきたいです。

また、ブログに割く時間と合わせるととんでもなく長くなるので、時短も意識していきたいな

 

ノミ
うおー!がんばるどー!!
そーちゃん
あとは写真も綺麗に撮れるようになりたいね
ペタちゃん
あとは画力とか
ノミ
なんでふたりともそんなに辛辣なん・・・(汗)

 

まとめ

 

今回は私の過去記事のアイキャッチ画像を振り返りました。

 

展覧会感覚で見てくれたら嬉しいです。

まだ画像作成に関しては未熟な点が多いので、他のテクニックも覚えていきたい所存です。

 

それでは、また。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2021 のみそく Powered by AFFINGER5