いきぬきじ

『淡』という漢字が不思議だなと思ったら、他にもそう考えた方がいると知って感動した話

みなさんこんにちは、ノミです。

 

2月いっぱい寒いと思っていたら!週末は春を感じられるあったかさになるそうですよ!!

 

ぬますけ
今週の金曜もなんだかちょっとあったかい瞬間があったね

 

寒すぎるの勘弁なので、もうちょっと気温が上がってくれるといいなあって思います…。

 

 

さてさて本題に移りましょうぞ。

 

先日、『ネプリーグ』というクイズ番組で「」という漢字を書く問題が出ました。

 

いつもはそんなに意識していなかったのに、ふと思ったんですよ。

 

 

なんか、『淡』って漢字、不思議じゃない…??

 

淡いって、たとえば「淡い色」とか「淡白」とか、こう…薄いとかあっさりとかのイメージが思い浮かぶのですが、「なんで炎なんだ?」と。

 

炎ってメラメラ燃える感じがするし、激しい様なイメージが強くて。

 

でも、炎を見てると、ひとは本能的に落ち着くとも言うから、あながち遠くはないのか…?とも思ったり。

 

ノミ
あと、水を表す「さんずい」と炎が混在しているって面白くない?
ペタちゃん
相反するものが共存してるね

 

なんだか疑問に思ったら、そのあとも考え続けてしまって、ちょろっと「淡 成り立ち」で検索してみたのですよ。

 

 

そしたら、全く同じことを疑問に思っていた方のブログが出てきました!!!!(驚)

 

 

2017年のブログだったのですが、なんだかひとりで感動してしまいました。おかんと妹に言ったら「ふーん」みたいなリアクションだったので、「そんなに不思議じゃないのか…?」と思っていた矢先の出来事。

 

そーちゃん
自分と同じこと考えたひとがいるって考えるとなんだか嬉しいね

 

ちなみにこちらのブログです↑

 

こういう、思いがけない喜びがあるのがブログの醍醐味だと思うのです。もちろん、自分が知らない感覚とか考え方に出会えるのも楽しいです。

 

 

で、「淡」の成り立ちって結局どういうものなんや?ということについて。

 

形声。氵(水)+炎【音】。音符の炎は、さかんにもえあがるほのおの意味。日光を受けて地面からさかんにもえあがる、かげろうの意味を表し、転じて、うすい・あわいの意味を表す

※引用元:『新漢語林 第二版』(2011年 大修館書店)

※【音】に関しては、引用元で○囲み文字になっていますが、パソコンで打てなかったので【】で囲っています

 

で、ついでに「かげろう(陽炎)」の意味も調べておきます。

 

春、直射日光の強い日に、地表近くの空気が色のない炎のようにゆれ動いて見える現象。熱せられた空気の密度が不均一になり、それを通過する光が不規則に屈折することから起こる。かぎろい。糸遊(いとゆう)

※引用元:『明鏡国語辞典 第二版』(2010年 大修館書店)

 

こちらのサイト(社会人の教科書)によれば、熱い空気と冷たい空気がある場合、光というのは冷たい高密度の空気の方へ屈折するようです。

 

そーちゃん
熱い空気と冷たい空気の混在…

 

ぬますけ
「淡」の、水と炎の共存…

 

こう考えると、「淡」という漢字と「かげろう」は密接なつながりを持っていることが分かりますね。楽しい。

 

いつもはさして気にしないことが、こんな風に、何かを知った後に色味を帯びていくのは面白いです。

 

 

自分は、まだ知らないことが多くて未熟な点が多いので、いろんな視点から物事を考えるように、知るようにしていきたいです。それってたぶんすごく大事なことだと思うから。

 

 

「淡」という漢字に惚れ惚れする私なのでした…。

 

みなさんの、「この漢字おもしろいよね」エピソードがありましたら、ぜひ教えてくださいヽ(^o^)丿

 

 

それでは、また!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

© 2022 ぬまのみ Powered by AFFINGER5